Home » 独身だと騙された(貞操侵害/性的意思決定自由に対する侵害)
icatch620

独身だと騙された(貞操侵害/性的意思決定自由に対する侵害)男女トラブル.com

貞操権とは

婚姻関係にある男女間には「貞操義務」があり、違反した場合には損害賠償責任を負います。

この「貞操義務」を守るように要求することが出来る権利が、本来の意味での「貞操権」です。

ただし、法律上は明確な用語の定義が無いため、一般には、独身だと騙され性的関係を伴う交際をしていた場合の「性的意思決定の自由」の侵害のことを「貞操侵害」または「貞操権侵害」と表すこともあります。

内縁関係の場合も「準婚姻関係」として婚姻している夫婦と同等に法的な保護を受けるため、貞操義務に違反した場合には損害賠償責任を負います。

婚約関係の場合においても「婚姻の予約」という契約が成立していると解されているため、貞操義務に違反した場合には損害賠償責任を負います。

その他の独身男女間においては、原則として、法律上の「貞操義務」はありません。

独身だと騙されて「性的意思決定の自由」を侵害された場合には、損害賠償請求が認められる場合があります。

既婚者であると知っていた場合には、原則として慰謝料請求は出来ませんし、逆に、不貞の共同不法行為者として、相手の配偶者から慰謝料請求される危険はあります.。
ただし、例外的に、未成年で思慮が十分でない等の事情がある場合には、慰謝料請求が認められた事例もあります。
その場合の違法性の判断要素は以下のとおりです(最判昭和44年9月26日参照)。
(1)男性が結婚をほのめかしていた
(2)女性が若年(未成年)で思慮が十分でない
(3)男性から積極的に交際を持ちかけた
(4)男性にとっていわゆる「遊び」であった

サイトメニュー


事務所概要

〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町1番1
岩本町ビル3階
行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス
TEL:03-5244-4707
行政書士 小竹 広光
(東京都行政書士会 所属)

営業:月~金 10:00~18:00

定休:土日祝


                           

男女トラブル.com

Copyright(c) 2017 男女トラブル.com All Rights Reserved.